大和ハウスの口コミ

大和ハウスの口コミ

大和ハウスの口コミ

 

大和ハウスで家を建てたい、大和ハウスで家を建てようと
考えている人は参考にしてください。

 

 

大和ハウスの口コミは安定感のある商品力があると人気です。

 

全ての商品において標準をクリアしています。

 

大和ハウスの商品はジーヴォやジーヴォグランウッド、
スカイエがあります。

 

中でもジーヴォはシリーズ化されていて
同じジーヴォでもジーヴォ、ジーヴォ03、ジーヴォグランウッドなど
種類は豊富です。

 

 

ジーヴォシリーズも木造、鉄骨、2階建て、3階建て、平屋と
ジーヴォの中から家のタイプを選ぶことができます。

 

 

人気があるのはジーヴォ狽ナす。
ジーヴォ狽ヘ鉄骨の平屋と2階建てなのですが、
平屋よりも二階建ての家が人気があります。

 

 

また人気の理由の一つに天井が高いことも上げられます。
通常の家では2m30〜50位が天井の高さなのですが、
ジーヴォ狽フシリーズは天井が2m72と高めに設定されています。

 

 

天井が高いということはそれだけ部屋の圧迫間が少ない
つまりストレスがかかりにくいという訳です。

 

 

人は毎日の中でストレスを感じることも多いのですが、
家の中くらいはストレスを感じないような工夫がされているわけです。

 

このタイプの家は大和ハウスならではのアイデアではないでしょうか?

 

 

ジーヴォ狽ヘ平屋と2階建てなのですが、
建坪はどんな感じなのでしょうか?

 

 

ジーヴォ狽フ建坪は自由に決められます。
家を建てる時の平均建坪は35坪といわれています。

 

30坪から40坪、広い場合は50坪の広さにも相談にのってくれます。
土地の広さは建てる側の都合なので
その都合に合わせてくれるという訳ですね。

 

実際に見積もりを取ると具体的な坪数、
間取りがさらに詳しく分かります。

 

 

 

見積もりを取らないと機会損失をする?

 

通常家を建てる時には、
このハウスメーカーで家を建てようと
考える人は少ないです。

 

 

ハウスメーカーの見積もりを複数とって
見比べることでその違いがより分かるのです。

 

一つでも当てはまったら見積もりを取ろう

 

大和ハウスと他社の間取りを比べたい。
大和ハウスと他社の金額を比べたい。
近くの工務店とサービスや特典を比べたい。
良いアイデアをしりたい。
新築に失敗したくない。

 

大和ハウスの見積もりと他社の見積もりを同時に取れる
サイトがあります。

 

 

タウンライフというサイトです。

 

タウンライフサイトでは、大和ハウス以外にも
大手ハウスメーカーがあり、資料請求の段階で
見比べることができます。

 

登録は簡単で3分で申し込みが完了します。

 

1週間程すると資料が届きますので
実際にご自身の目で見比べてみるとよいでしょう。

 

 

大和ハウスの見積もりはここ

大和ハウスの坪単価はなんぼ

ダイワハウスは規格住宅が充実しています。
間取りも仕様も決まっていて、 変更はほとんどできません。

 

その代わり、坪単価55〜65万円ほどで、
プレハブ住宅としては、比較的安い価格になっています。

 

もし、敷地と自分たちの要望にピッタリ納まるプランがあれば、お得かもしれません

 

一方、注文住宅となると、インタビューに答えてくれた営業マンの話しでは
坪単価70〜80万円ぐらいで、 他のプレハブ住宅のハウスメーカーと同様に高額です。

 

高いからといって、規格住宅より豪華な仕様という訳ではありません。

 

キッチンはサンウェーブ、クリナップ、松下電工。
システムバスは、TOTO、INAX から選べます。

 

1階の窓ガラスは、標準で全て防犯ガラス。

 

制震装置はオプションで、価格は1棟当たり30万円ほど。
xevoΣでは標準仕様となっています。

 

 

ところで、「ダイワハウスの歴史」の中でも述べていますが、
ダイワハウスの礎を築いた、1959年発売の「ミゼットハウス」のように
創業当初は、自動車のように工場で大量生産し、
高品質な住宅を安く提供することが目的でした。

 

ダイワハウスに限らず、積水ハウスや、セキスイハイム、ミサワホーム、
パナホームなど、プレハブ住宅メーカーのほとんどが
その目的のために創業をしたのです。

 

しかし現在は一般消費者の要望は多様化し、
大量生産でそこに応えるのは難しい状況なり、
日本の住宅価格を非常に高くする元凶になっているように思えます。

 

ただ、ダイワハウスはハウスメーカーというよりも
会社としてはデベロッパーとしての色合いの方が濃いので、
分譲宅地に規格住宅を建てるという形であれば
大量生産のメリットが出てくるかもしれません。